wordpress blog header image

テンプレートヘッダーを子テーマの style.css に追加した

はじめに

WordPressの管理画面のテーマ設定ダイアログで、「使用中のテーマが壊れている」との問題が発生していたので、壊れているテーマの style.css に テンプレートヘッダー を追加することで修正した。

・その時のテーマ設定ダイアログ

今回は、子テーマの style.css にテンプレートヘッダーを追加する流れをまとめる。

テンプレートヘッダーを追加する

テンプレートヘッダーとは

テンプレートヘッダーとは、そのテーマの詳細情報であり、style.css にコメントの形式で必ず記述する必要がある。
自分は子テーマのCSSを圧縮するする際に、邪魔だから消してしまったのだった。(やっちまったなあ)

書式は以下の通り。

各項目の意味は以下の通り。
・「Template」 :親テーマのディレクトリ名 ※必須
・「Theme Name」 :子テーマの名前 ※必須
・「Theme URI」 :子テーマのURI
・「Description」:子テーマの説明
・「Author」 :子テーマの作者
・「Author URI」 :子テーマの作者のURI
・「Version」 :子テーマのバージョン
・「License」 :子テーマのライセンス
・「License URI」:ライセンスのURI
・「Tags」 :テーマの特徴を表すタグ。
※ 指定することにより、管理画面の「テーマのインストール」にて、特徴フィルターを使った検索に反映される。
・「Text Domain」:子テーマのドメイン名

上記のように記述すれば、Wordpress本体に「子テーマ」として認識させる事ができる。

今回追加した内容

今回は、style.css に下記のテンプレートヘッダーを追加した。

主要な項目はすべて記述した。

おわりに

無事、エラーが消えた。
今後も、小さなエラーであっても見つけたらその都度改善していく。

エラーの修正にかかった時間よりも、この記事を書くのに費やした時間の方が多いのはいかがなものか。
ブログの更新は時間泥棒である。

参考ページ

テーマの作成 – WordPress Codex 日本語版
https://wpdocs.osdn.jp/%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%81%AE%E4%BD%9C%E6%88%90#.E3.83.86.E3.83.BC.E3.83.9E.E3.82.B9.E3.82.BF.E3.82.A4.E3.83.AB.E3.82.B7.E3.83.BC.E3.83.88

wordpress子テーマの作り方!style.css・各テンプレートファイル・function.php の設定手順
http://viral-community.com/wordpress/wp-child-theme-5818/

シェアしていただけると嬉しいです

スポンサーリンク